推薦状

田中佑輝先生


田中佑輝先生は高校時代に硬式野球部に所属し、地方大会を勝ち上がり、全国大会に出場を果たした、いわゆる甲子園球児です。私も同じように白球を追いかけていた高校球児でしたが、甲子園の出場を果たせなかった者には、彼のような野球エリートは羨望の的でした。

ところが彼の話を聴くうちに、彼の野球人生も順風満帆なものではなかったことが解ってきました。彼のようなエリートでも故障や怪我による挫折や、プロスカウトの目に留まるようなライバル選手との競争に負けて敗北感を味わったこともあると言います。プロ野球の一線で活躍するような選手は、すべてが順調にいく場合もあると思いますが、私たち医療を志す者が、向き合うクライアントは傷んで弱っている人たちです。

そんなクライアントの心の声を聴くには、いわゆる人間力というか、度量が必要なのではないでしょうか?


現代医学では、検査機器がハイテクになりすぎ、実際に患者さんを診ることなく、患部に手を当てなくても、クライアントの病気の概要が解るようになりました。患部に手を当てずに診断ができるということは「手当」をしていないということです。クライアントの痛みやつらさに手を使って触れ、熱いか冷たいか、硬いか柔らかいか、刺すような痛みがあるか、重い鈍痛があるか、感覚が過敏になっているか、それとも鈍くなっているかなど、触診によって得られる情報は実に多岐に渡ります。クライアントから滝のように流れ出る情報をスクリーン(仕分け)、スキャン(走査)し、セグメンタル(精査)して必要なものに絞っていきます。オステオパシーの施術の始まりはいつも、ここからなのです。


田中佑輝先生には今主に、オステオパシーの知識の部分を詰め込んでいます。その膨大な量と高度な質に、根を上げそうになりながらも頑張ってついてきてくれています。


これからはクライアントの声を聞いていくトレーニングになります。一度でも哀しみというものを味わった者には、クライアントの気持ちがよくわかります。田中佑輝先生はきっとそれができるオステオパスになってくれるでしょう。


                               2018年4月17日

                    NPO法人アトラス・オステオパシー学院

                            理事長/学長 森田博也


佑輝先生 支度中


オステオパシーでは人体の形成は「Body・Mind・Spirit」からである。つまり身体・心・精神の3つのバランスが保たれている事が健康とされています。10代の人には10代の人の健康があり、70代の人には70代の人の健康があります。


私共の学院(アトラス・オステオパシー学院)の学長である森田,D.O.はパーキンソン病のため車椅子での生活を送っています。では、彼は不健康でしょうか?答えはNOです。パーキンソン病そのものは、西洋医学による投薬等の治療を続け、姿勢や歩行といった筋骨格系の部分については身体の各部分が代償という本来、誰しもが備える力でそれぞれのパートを補っています。心は学長を支える多くの学生や職員、仲間と共に、また精神はオステオパシー啓発の道を指し、とても豊かなように感じられます。

このように「健康」とは本来、私達各々によって異なって良いものと定義されます。


現在、田中佑輝さんは当学院の2年生になりました。私は学院理事として日々研鑽を積む田中さんと顔を合わせています。常識とされているような「健康」に対する概念を毎日塗り替えている日々なのではないでしょうか。手技としてクライアントの改善を目的とするテクニックはもちろんですが、クライアントに寄り添いクライアントと一緒に健康を作り上げていく事が佑輝先生の仕事です。素晴らしいオステオパスの誕生に是非皆様も立ち会ってください。そして佑輝先生の学びが皆様とともにありますように。


                    NPO法人アトラス・オステオパシー学院

                             理事  青木ゆきよ


田中佑輝 先生

田中先生と初めてお会いした時の目の輝きは今でも忘れられません。私は講師としてオステオパシー学院で彼を迎える立場でしたが、それから卒業までの全日制による二年間、一貫した努力をつぶさに見てまいりました。

第一印象は、私も大好きな南九州の出身で、「元気でさわやかな青年」というものでしたが、その奥には深い決意がありました。プロを期待されたが怪我に泣かされた野球少年の時代、生きる道を探して様々な職を模索をした時代、大きな病院で看護師として努力した時代などを経て、今後の人生はこの道だと迷いなく学ぶ姿はとても印象に残っています。

「 本物のオステオパシーを宮崎に持って帰る 」という彼の関東での準備は果たされました。もちろんオステオパシー、人体に対するアプローチは一生勉強ですが、彼の愛する美しい宮崎の地でしっかりと根を下ろし、成長をやめず活躍されていくことでしょう。

知識、技術、人柄、キャラクターなど、彼を推薦する理由は多くありますが、無理に通うように言うような人間ではないので、お試しのつもりで来院されてみてもよいと思います。

Yuutistに関わる多くの方が笑顔になれますように期待しています!!


アトラス・オステオパシー学院講師

目黒オステオパシー施術院トリート経営

ティップネス ヨガプログラム開発

萩原 健

リオデジャネイロ オリンピック選手    佐々木 悟さん


※掲載については、本人に了承を得ています


オステオパシーの施術を受けて

 



 きっかけは腰痛から。まず取り組んだのは、自分の身体のバランスを知ること。歩き方の癖が良くわかり、頭の中にバランスがイメージできたことがよかった。筋肉や臓器のバランスなどから、どこに負担がかかって痛みを発生させているのか、その構造の理解も具体的に改善に向けての一歩となる。

まさに、『自然治癒力』のきっかけとなる施術だと思う。


40代 介護職員



 田中先生はしっかり話を聞いた後に、痛い場所だけでなくて丁寧に全身を診てくれます。よく勉強されているので、今の自分の身体の状態がどうなっているのかわかりやすく詳しく説明してくれます。看護師でもあるため、安心して身体を預けることができました。

 施術の力加減も丁度良くタッチも柔らかいので、終わった後は身体が軽くなり変化がわかりやすかったです。身体の不調が出た時はこれからも田中先生に診て頂きたいと思います。


20代 介護士  尾松 陸

同じ医療資格を持つ施術者としてさんの施術を皆様にお勧めさせていただきます。田中さんは看護師として病院・施設でお仕事をされており、普通の施術家よりもリスク管理に長けています。近年増え続ける治療院や施術院ではテクニックに特化しクライアントの方がどういう状況なのか、私たちの守備範囲内なのかを判断する評価技術の研鑽を疎かにしていることが多々あります。ですので治療院に行ったら調子が悪くなったとか、痛みが強くなったなど失敗してしまうケースをよく耳にします。その点、田中さんは確かで豊富な知識と、看護という命に携わる仕事を通して、今この方に触れていいのかどうかを理論的に判断することができます。それゆえに事故がなく効果的な施術を行うことができます。根拠のある施術は、クライアントも安心できますし、施術家も自信を持って仕事に当たれます。この人なら絶対今よりも良くなるというのを、皆様も田中さんに一目会えばわかっていただけるのではないかと思います。以上より改めて田中さんの施術を同じ施術家としてお勧めさせていただきます。

20代 理学療法士 岩本拓真

2年間、ありがとうございました。テコンドー現役時代にオステオパシーに出会い身体の調整と身体の使い方等身体の健康についてアドバイスを頂いておりました。お陰で目立った故障もなく現役引退。現役を引退してからは田中先生 にメンテナンスをして頂いてました。九州へ帰ってしまうと言うことで今後の身体についてなど沢山アドバイス頂き、ありがとうございます。

 某全日本テコンドー団体 

元準チャンピオン

私がオステオパシーを知ったのは、三年前でした。なんとなく体調が悪い日が続き、その原因がわからずよくなるためにどうしたらいいか色々調べていくうちに、オステオパシーに出会えました。その体調の悪さが後に乳ガンであることが分かりました。手術をしたあとに、抗がん剤治療、現在はホルモン治療をしています。治療中もずっと、オステオパシーをうけていました。抗がん剤治療中に、味覚がおかしくなったり、足先がしびれたり、副作用がでましたが、オステオパシーをうけたことにより、味覚がもどり、普通に食事もとれ、痺れも解消され殆ど副作用なく、無事に抗がん剤治療を終えることができ、本当にオステオパシーにお世話になりました❗今も胸の手術をした方の半身に色々な症状がでてきています。ホルモン治療のせいか、身体に軽い痛みがでたり、手足のしびれ、浮腫みなど以前は殆ど感じなかった不調が治療がはじまり出やすくなりました。そんなときに、田中さんの施術をうけました。はじめにじっくり、身体の不調がどこにあるのかをきいてくれ、それがどうしてくるのかを施術しながら、教えてくれました。施術後も不調が繰り返されないように、普段の生活で気を付ける姿勢であったり、履いている靴であったり、様々な助言をいただき、元気に過ごせています。また、分かりやすく身体の不調がどこからきてるのか?身体の状態がどうなっているのか、教えてくださるので、自分自身もとても勉強になり、普段の生活でも、言われたことを意識できました。施術だけではない、この助言がとても有り難いです。田中さんもとても雰囲気が柔らかいし話がしやすいです。私は、本当にオステオパシーに助けられてきました。特に同じ病気のかたに、オススメしたいです。😊


主婦 介護職

オステオパシーは、私のこれからの人生を明るくしてくれたと言っても過言ではありません!

首と肩の凝りをなんとかしたくて、色々なことをしてきました、、。

ただ、どれも数日間は調子がいいのですが、すぐまた痛みが蘇ってしまいます。

オステオパシーに出会い、肩、首の凝りだけでなく、睡眠障害や胃腸の調子、生理痛、、、体全体が本来の健康な自分に戻っていく感覚がしています(^^)

生理やPMSの時は、だいたい頭痛薬を飲んでいましたが、オステオパシーに出会ってから飲んでいません。睡眠が浅くて夜中数回起きていた症状も、10年ぶりくらいに朝明るくなるまで眠れるように改善しました(´∀`)

そして、それだけでも凄いのですが、私が信頼できる理由が、その身体の不調がどこからきているかを教えてくれるところです!

眠りが浅いことなんて、ストレスで自律神経がおかしいのか、、くらいの認識でしたが、その自律神経の異常の原因が、体のどこにあるか、、、というのを探って教えてくれたのです!!もう田中さんが神に見えました(笑)

田中さんのお人柄がとても良いのと、ものすごく勉強されきたのが分かるので信頼感が半端ないです(^_-)

HPを見て、勇気を出して田中さんに連絡して良かったです!!


雑貨店 店長 女性

「腰痛に悩まされ接骨院、整形外科に暫く通ってましたが、なかなか良くならず治療しても2~3日で直ぐに戻っていました。

田中先生のホームページを見て、色んな方のコメントをじっくり読ませていただき、オステオパシーの事をネットで調べ、延岡でこんな治療をしてる方がいるんだ❗️と驚きました。また、田中先生は、過去に県立病院の看護師をしてらっしゃった事を知って安心して身体を預けられると思い、いつのまにか不思議と田中先生の施術を受けてみよう、受けてみたい!と思うことができました❗️色々と不安はありましたが先生に思い切って連絡を入れて施術を受けました。

初めて施術を受けるまでに、これまでの病気の事や飲んでる薬など聞いていただき、色々調べておきますね!とおっしゃってくれたことに、最初とても素晴らしい先生だと思いました❗️

先生の施術は丁寧で、1つ1つ身体の仕組みや、今自分の身体がどんな状態になっているか、ほんとに丁寧に分かりやすく説明してくれます。施術を受ける度に悪かったところが良くなっていってる事、ずっと長引いてどうしようもなかった腰痛や肩凝りが楽になって、辛かった頭痛も良くなって来ました❗️

「オステオパシー」聞きなれない言葉で不思議な感じですが、整体に行ってバキバキとか今ではあり得ない‼️って思います❗️😣

1番は田中先生の人柄ですね😉不安に思ってる事や質問にも丁寧に応えて下さいますし、普段の生活や姿勢等とても丁寧に教えてくれます。

身体の不調は人それぞれありますが、オステオパシー施術家の田中先生の施術を受けてみてください。特に辛い思いされてる方に受けて欲しいと思います。今後も、自分の身体が変わってゆくのがほんとに楽しみです😊

先生のところに行って良かったと勇気出して連絡してほんとに良かった~と思います。」

雑貨屋 女性